意思決定に関する名著


大手企業の研修で課題図書になるような、信頼できる良著を各領域ごとにご紹介しています

062 width=160西村 行功 (著)
ロングセラー『シナリオ・プランニング「戦略的思考と意思決定」』の訳者が、「日本のビジネス状況に合った平易なシナリオ・プランニングの本を」という読者の声に応え、自らのコンサルティング経験を取り入れながら書き下ろした入門書。基礎となるシナリオ思考法、すなわちクリエイティブ・シンキングとロジカル・シンキングを統合した思考法が具体的によくわかる。
assocbutt_gr_detail._V371070194_

このページの先頭に戻る

063 width=160籠屋 邦夫 (著)
本書は「責任を伴う機会の追求」を実践する方々をサポートするために、意思決定に必要なスキルと物事の考え方を徹底的に学ばせる。まさに、戦略プロフェッショナルの必修科目である。ディシジョン・マインドを学ぶ。プロフェッショナルの戦略立案・遂行を支える6つのコンセプトと技法をケース演習とともに徹底解説。
assocbutt_gr_detail._V371070194_

このページの先頭に戻る

064 width=160イツァーク ギルボア (著)
人々は不確実性下の状況で、いかに意思決定をしているか、またすべきか。意思決定理論の世界的権威が、基礎となる原理から解き明かす。
「本書では,意思決定理論の端緒から始めて現代の最新理論に至るまで詳しく解説されているため,本書を一読されれば,そこがもう世界的なレベルでの研究の最前線なのである.本書に記された諸理論を理解し,身に付ければ,すぐにでも最先端の研究論文に手を掛けることができるだろう.」
assocbutt_gr_detail._V371070194_

このページの先頭に戻る

065 width=160イツァーク・ギルボア (著)
意思決定理論の世界的権威ギルボア教授が、最新の基礎理論を問題集形式で解説。人々がより良い意思決定をするために、意思決定理論がいかに役立つか検討できるよう構成されている。学生から社会人まで、何が良い「選択」「判断」なのかを考えたい人、必読!!
assocbutt_gr_detail._V371070194_

このページの先頭に戻る

066 width=160後 正武 (著)
「分析」には確かな切り口と方法論があり、その技術は磨き、蓄積し、改善することができる。豊富な事例をもとに、有効かつ実行可能な全体最適の経営判断を導く戦略思考の枠組みを提示する。
assocbutt_gr_detail._V371070194_

このページの先頭に戻る

=====INDEX=====
以下、タイトルをクリックすると、それぞれの箇所にジャンプします

【MBA・経営学修士領域の良著】
・論理的思考力に関する良著
・問題解決に関する名著
・経営戦略に関する名著
・マーケティングに関する名著
・マネジメント・リーダーシップに関する名著
・アカウンティング・ファイナンスに関する良著
・意思決定に関する名著
・経営哲学に関する名著

【リベラルアーツ領域の良著】
・哲学に関する推薦図書
・歴史・伝記に関する推薦図書
・政治・行政に関する推薦図書
・経済に関する推薦図書
・社会・教育に関する推薦図書
・自然科学に関する推薦図書
・文学・言語に関する推薦図書
・その他、リベラルアーツに関する名著
===============
このページの先頭に戻る